長野県松本市新築木造住宅工務店木族の家|
まじめでオシャレな工務店がつくるちょっとかっこいい「木の家」

松本市で新築建てるなら和モダンがおすすめ?メリットとデメリットをご紹介!

最近、若い方で和風を好まれる方が増えています。
住宅においても日本の伝統を少し取り入れて、最新の機能性も重視した「和モダン」な住宅が人気です。
「和モダンって実際に住んだらどうなんだろう?」という疑問をお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。
そこで今回は、この和モダンのメリットとデメリットをそれぞれご紹介します。

 

◻︎和モダンとは?

和モダンとは、今までの日本家屋のような純和風とは違い、和のテイストを取り入れつつも洋風のモダンな雰囲気も掛け合わせた、オシャレな要素のことを指します。
最近では、現代の技術やデザインの発達と一緒に和風の良さも見直されてきて、洗練されたものが多くなってきています。

 

◻︎和モダンのメリット

*デザイン

和風が好きな方でも、お洒落さも欲しいという方が多いです。
純和風だと重々しくなりがちな雰囲気も、和モダンだとシンプルでかっこよく仕上がります。
和の要素をどれだけ入れるかによってもまた雰囲気が変わってくるので、バリエーションが豊富です。

*自然素材

和風建築には自然素材が沢山使われているのが特徴です。
温度や湿度の調整ができるので、快適に過ごせます。
例えば、柱を壁の中に収める真壁という仕上げ方では、壁の塗り方で色々な表情になるだけではなく、調湿機能にも優れています。
また、畳に関しても調音調湿機能・吸音機能に優れています。

*部屋が色々な用途に使える

日本の伝統的な畳の部屋は、襖で仕切られているのが通常です。
そのため、襖を開け閉めするだけで、お客様がたくさん来た時には部屋がいつもの二倍にしたり、普段は二人でそれぞれ個室として使ったり、臨機応変に対応できます。

 

◻︎和モダンのデメリット

*土壁

和風の住宅には土壁のものも多いですが、実はひびわれが起きやすいというデメリットがあります。
また、塗りの作業工程が長くとても技術が要求されます。

*プライバシー

日本の建築方法にはプライバシーの観点から見るとあまりよくないかもしれません、
例えば、障子など簡単に声が聞こえてしまう構造になっていたり、部屋と部屋がきちんと分かれていなかったりもします。

これらのデメリットも、注文住宅であればお好みのものにカスタマイズすることができるので、おすすめです。

 

◻︎まとめ

今日は和モダンのメリットとデメリットについてお伝えしました。
日本の伝統的な文化の良さが出る和モダンはますます人気が出てきています。
どのように和テイストを取り入れたらいいのか分からない、という方には、我々がご相談に乗りますのでお気軽にお問合せください。

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on pinterest
Pinterest

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です