新築で平家建てるならいくらかかる?費用相場についてご紹介|松本市

階段もなく、広く土地を使った昔ながらの平家住宅に憧れませんか?
バリアフリーにしやすい理由から、長く住む住宅に平屋の理想を抱く方は多くいらっしゃるのではないでしょうか。
平家を建てたいと思ったときにやはり気になるのは費用ですね。
「平家っていくらで建てられるんだろう?」
そのような疑問を解決するために、今回の記事では平家を建てる時の費用の相場を解説していきます。

 

□平家は高い?

平家は高い費用がかかるというイメージを持っている方もいらっしゃるでしょう。
どうして平家が高くなってしまうのかについて、よくある原因を解説致します。

*床面積

二階建ての建物と比較すると同じ床面積を確保するためには、単純計算で二倍の土地が必要になります。
そのため土地代を考慮すると、二階建ての方が安くつくイメージがあると考えられます。

*屋根

二階建ての建物より床面積に対して屋根を建築する量が多くなります。
その費用がかさむという想定ができます。

 

□本当に平家は高い?

では、本当に平家は二階建てより費用がかかるのでしょうか。
実はそうとも限りません。
二階建てに必要な階段や廊下の建築がなくなる分や坪数も思っていたより増えなかったということもあります。
間取りなどの調整で坪数を抑えることもできますし、価格が高いから諦めることはもったいないのです。

 

□相場はいくら?

次に平家住宅を建てる時の相場について簡単にご紹介します。
もちろん広さや立地、間取りなど様々な状況で変動します。
しかし、新築する場合では1000万円〜2000万円が相場と言えるでしょう。

 

□予算を抑えるには?

平家住宅の費用を抑えるためのポイントをご紹介します。

*設計はシンプルに

設計を複雑にすると土地代は変わりませんが、人件費や材料代に差が出てきます。
土地代にばかり注目せず、建築費で低コストに近づけていきましょう。

*ブランドにこだわらない

キッチンやバスルームなどの水回りの設備にも見落としがちですが、コストがかかっています。
特にこれらの設備はメーカーによって費用に差が出やすいのです。
メーカー名だけで判断せず、品質をしっかり見ていいものを選ぶように心がけましょう。
また、安全面から住宅会社も知名度の高い会社に依頼しようと考えるのも安易と言えます
大手の住宅会社は、仲介手数料や広告宣伝費に経費がかかっていることで、価格に余計な上乗せをされいる可能性がございます。。
また大手だからといって平屋の建築経験が豊富だとは限りません。
平屋の建築を得意とする会社が見つかれば、そこに依頼するのがいいでしょう。
見積もりやこれまでの実績をしっかり見て、本当に平家を最大限安全にかつコストパフォーマンス良く建築してくれるところを見極めましょう。

 

□まとめ

今回は平家住宅の費用相場についてご紹介しました。
ぜひ今回の記事を参考に理想の平家住宅の建築を検討して見てはいかがでしょうか。

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on pinterest
Pinterest

コメントをどうぞ