スマートハウスとは?今気になるスマートハウスの特徴をご説明します|松本市

さまざまな技術が生活を便利にする現代では、家も賢いものにして、住んでみませんか?
「スマートハウス」というワードが気になって、調べてみたという方も多いかもしれません。
「家がかしこいってどういうこと?」
きっとこの記事を開いてくださった方の中には、このような疑問を抱いているのではないでしょうか。
そこで今回はスマートハウスの特徴と効果をわかりやすくご紹介します。

 

□スマートハウスとは

スマートハウスとは、IT(情報技術)を使って家の中のエネルギーを最も効果的に活用できるようにマネジメントしてくれるシステムを持った住宅のことです。
また、スマートハウスのシステムのことをHEMSと呼ぶため、HEMSの設備のある住宅がスマートハウスだと言い換えることも可能です。

 

□特徴

スマートハウスの特徴は、何と言っても家の中の様々なことを一つのシステムで管理できることです。
例えば太陽光発電や蓄電池のエネルギー機器から、家電の住宅機器をコントロールし無駄が最小限になるようにします。
エネルギーにかかる費用と二酸化炭素をともに削減し、住んでいるだけで省エネを簡単に叶えることのできる住宅と言えるでしょう。

 

□効果とメリット

HEMSの管理でエコなだけでなく経済性が高められることが大きな利点です。
環境面ではライフサイクルカーボンマイナスと呼ばれる、建設時の二酸化炭素排出を含め障害を通して二酸化炭素の収支をマイナスにすることも可能になります。
断熱に関しての設計にも工夫を加え、年間のエネルギーコストがゼロになるように計算して作ってくれる会社も存在します。
他にもさまざまな点が便利になります。
可能にしてくれることとしては、家電の遠隔操作やウェブカメラの映像の閲覧をスマートフォンで簡単に行えることです。
家電を外出先でコントロールできれば、エアコンや照明を付けっ放しにしなくなるだけでなく、帰宅時に明るくて快適な温度の部屋を用意できます。
掃除や洗濯など、家事の手間も省けて家でリラックスする時間を増やせますね。
カメラの映像も、セキュリティ性が格段に向上し、同じことをセキュリティ会社に依頼するよりはるかに手軽に実現できます。
子供やペットや高齢者がいる家庭ではセキュリティだけでなく、常に異変がないか見守れるので安心感があります。

 

□まとめ

今回はスマートハウスの特徴と効果についてご紹介しました。
耳慣れない言葉かもしれませんが、無駄のなく快適でエコな住宅はこれからの定番になるかもしれません。
ぜひ今回の記事を参考に、スマートハウスの建築をご検討されてはいかがでしょうか。

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on pinterest
Pinterest

コメントをどうぞ