長野県松本市新築木造住宅工務店木族の家|
まじめでオシャレな工務店がつくるちょっとかっこいい「木の家」

【松本市の工務店が解説】自然素材を使った注文住宅の魅力

近年では、省エネ性を重視した高断熱・高気密の住宅が人気を集めていますが、換気機能が低い場合、湿気がこもってカビが繁殖しやすくなると言われます。
さらに懸念されるのが、シックハウス症候群や化学物質過敏症といった、有害物質を含んだ建材によって引き起こされる健康への影響です。
頭痛や吐き気、めまいやぜん息といった症状に連日悩まされてしまうと、せっかくの新居が安全に暮らせる住宅ではなくなってしまいますよね。
自然素材の注文住宅では、これらの心配がなく、安心で快適に暮らせる住空間をつくれます。
そこで今回は、自然素材を使った注文住宅の魅力についてご紹介します。

 

□自然素材を使った注文住宅の魅力

*健康に良い

自然素材の注文住宅は、有害な化学物質が含まれている建材は使用せず、安全性の高い国産の無垢材等を活用してつくられています。
アレルギー体質の人や赤ちゃん、抵抗力が低下した高齢の人にも安心な住まいとなります。
国産の無垢材にこだわると建築費用が高くなるというイメージがありますが、安価な建材よりも高い耐久性を持っていることから、世代を超えて住み続けられます。
そのため、長い目で見た場合、コストパフォーマンスに優れた住宅になることは明らかです。
健康的な暮らしが実現することから、長期にわたって医療費を抑えられる可能性が高まるというメリットもあります。

 

*省エネ効果がある

近年では、優良な住宅の条件として高い省エネ性が特に重視されるようになっていますが、自然素材の注文住宅はその点にもこだわった住まいにすることが可能です。
天然の木材は、コンクリートをしのぐ高い断熱性を持っていることから、外気温に影響されにくい住宅となります。
湿度が高い時には湿気を取り込み、空気が乾燥してくると、取り込んでいた水分を放出する性質も持っている無垢材は、湿度を調節する役割も果たしています。
そのため、夏は猛暑で冬は厳寒となる松本市でも、エアコンの使用頻度を減らせるなど、省エネ効果が期待できます。

 

*高い耐震性がある

木材は時間が経つと、反りや割れなどの変形を起こすという見方もありますが、十分に乾燥させてある無垢材には変形の心配がない上、伐採後に乾燥させる過程でさらに強度が増していきます。
正しい工法で建設された木造家屋は鉄筋コンクリート造に匹敵、もしくはそれ以上に高い耐震性を持っているとされています。
また、しっかりと乾燥させた木材は、長い年月の間に耐震性を低下させる、木材腐朽菌やシロアリを寄せ付けません。

 

□最後に

今回は、自然素材を使った注文住宅の魅力についてご紹介しました。
自然素材を使った注文住宅は、安心でかつ快適に長期にわたって住み続けられます。
自然素材にご興味のある方は、お気軽に弊社までご相談ください。

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on pinterest
Pinterest

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です