松本市野溝 H様邸 丁張り2015年2月

H様邸、本日着工いたしました。よろしくお願いいたします。
着工してまずはじめに、丁張りを行いました。

丁張り

建物から約1m離れた位置に水杭を打ち込み、それにレベル測定器で水平の高さを出し、
水貫、筋交いで固定します。

丁張り2

これにより、建物の位置と高さを確定し、基礎工事の基準となっていきます。

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on pinterest
Pinterest

コメントをどうぞ