松本市里山辺 T様邸 天井ボード貼り

松本市里山辺 T様邸は内部造作中で、天井のボードを貼っています。
天井の高さは、基本的に240センチを標準としていますが、
構造上の梁をどう見せるかによって調整したりします。

天井をなるべくすっきりさせたい場合、天井を下げ小さい梁を隠してしまうと良いです。
それとは反対にしっかり梁を見せたい場合は天井を高くしたりします。
ただし、梁をたくさん見せると照明器具の配置が難しくなったりします。
現場ごとに梁のかけ方は違ってくるので、現場ごとに御施主さんや大工さんと決めていきます。

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on pinterest
Pinterest

コメントをどうぞ