松本市里山辺 T様邸 内部造作

松本市里山辺のT様邸は内部造作中です。

外部の造作が一段落し、内部の天井と床を施工していっています。

写真は一階のリビングの風景。
一階と二階の一部の天井に米杉の板張りを採用しました。
板張り部は梁を隠し、それ以外は梁の見え方もこだわって決めた天井高さで
施工します。
梁の見え方のこだわりというと、照明器具との関係性を考慮したということです。
・和室はシーリングライトなので、影が気にならないように梁を5センチだけ見せよう
・リビングは、ダウンライトなので梁をなるべく大きく見せよう
などです。

何度も打ち合わせを重ね、工事を進めていきます

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on pinterest
Pinterest

コメントをどうぞ