松本市神林 N様邸 建て方

松本市神林のN様邸は建て方を行いました。

天気も曇りのち晴れで問題ありません。

N様邸は、平屋風の造りとなっており、大きな一枚屋根が印象強い外観となります。
今回の建て方では、その一枚屋根になかなか時間がかかりました。

屋根面には、構造に必要なベニヤを貼る為に約90センチ間隔で梁が必要となります。
この梁を入れていくのが、なかなか上手くいきません。

まず斜めの梁が入れにくかったり、金物を入れ忘れたりと、それからとにかく梁の数が多い。
疲労が出てくるタイミングで細かい作業に苦しみます。

時間はかかりましたが、無事一日で上棟となりました。

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on pinterest
Pinterest

コメントをどうぞ