松本市梓川 N様邸 内部造作

松本市梓川N様邸は内部造作中です。

N様邸は内部の壁の仕上げが全面しっくい塗りとなっていて、それに伴い、
汚れを防ぐため腰までの高さを板貼りの仕様としています。
色味、節等を打ち合わせし、杉材を採用しました。
色の濃淡を楽しむことができます。

同時に造作家具も作成中です。
無垢材をたくさん使用する所がN様邸の見所の一つでもあります。
写真は造作の洗面台で、ここには、ケヤキ材で厚み6センチの迫力ある一枚板を使用しました。

木をたっぷり感じれる建物になってきました。

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on pinterest
Pinterest

コメントをどうぞ