長野県松本市新築木造住宅工務店木族の家|
まじめでオシャレな工務店がつくるちょっとかっこいい「木の家」

松本市新村 M様邸 基礎工事

松本市新村M様邸着工致しました。
寒さは厳しいものの雪が積もらないので工事も順調です。
今日は、レベリングという作業を行いました。

レベリングとは、レベル(水平)+ing、つまり立上りのコンクリートの上を平滑にするため、液状のモルタルを流し込む作業になります。
この作業をすることで、基礎の上に土台材を並べたときに水平が保たれます。
家を建てる際に、水平、垂直は一番重要な要素となります。

レベリングの作業が終わったので、寒さ対策でブルーシートで覆っておしまいです。

 

竣 松本市新村 M様邸 ('17.01)
の記事
Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on pinterest
Pinterest