長野県松本市新築木造住宅工務店木族の家|
まじめでオシャレな工務店がつくるちょっとかっこいい「木の家」

松本市島立 K様邸リフォーム

構造の補強が進んできました。床組みは土台大引きを3尺(91センチ)間隔に入れ、構造用合板t24で床面を水平にがっちりさせます。筋交いなどで垂直方向の壁の補強を、柱梁を補強しながら入れていきます。同時に金物も入れながら。補強がだいぶ進んできたので、もう大地震が来ても大丈夫です。
これからはサッシを入れたり、外部の造作を進めていきます。

松本市島立 K様邸 ('20.05)/
の現場中継
Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on pinterest
Pinterest