松本市宮渕の新築住宅 M様邸 外壁工事

外壁工事
今回の建物は外壁が塗り壁ではなく、鋼板(ガルバリュウム鋼板)張り仕上げです。
凹凸に折られた鋼板を壁に止めます。土台から2階桁上まで1枚もの使用し
継ぎ目をなるべく無くし、雨漏り対策をしています。
サッシ回りは養生をし、コーキングをします。
鋼板の張り方も隙間無いように張る事が重要です。
シーリングも隙間をキッチリ埋める事が重要です。
外壁ですので、見た目良い工事をする事も重要です。

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on pinterest
Pinterest

コメントをどうぞ