松本市和田 S様邸 内部造作

松本市和田 S様邸 内部造作中で、床を貼っています。

今回は二階の床材は御施主様の希望で杉材を使用しました。
杉材は針葉樹なのでやわらかい材になります。
なので、歩き心地は優しい感触になります。
しかし、やわらかい材の為、デメリットとして傷がつきやすくなってしまいます。
御施主様も納得した上での決定となりました。
デメリットはともかく、住むほど味が出てくるので楽しみです。
急ピッチで内外部造作を進めていきます。

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on pinterest
Pinterest

コメントをどうぞ