松本市 D様邸 基礎完了

松本市D様邸の基礎が完了しました。

基礎1 基礎2
D様邸は冷暖房設備に床下エアコンを採用しています。
床下エアコンの場合、床下の空間を通常35センチのところ、40センチ取れるようにします。
これは、床下の掃除がしやすいようにするため広くとっています。
また、コンクリートの表面もこれまた掃除しやすいように金ゴテでツルツルに仕上げてあります。
これでルンバを走らすことも可能になります。
冷暖房設備に合わせて有効な基礎を使い分けていきます。

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on pinterest
Pinterest

コメントをどうぞ