長野県松本市新築木造住宅工務店木族の家|
まじめでオシャレな工務店がつくる
ちょっとかっこいい「木の家」

メニュー

長野県松本市新築木造住宅工務店木族の家|
まじめでオシャレな工務店がつくちょっとかっこいい「木の家」

安曇野市豊科 I様邸 軒天張

外部の屋根の下の部分を軒天といいます。
うちではここに杉板を使って、大工さんが張っていきます。
手間がかかりますが、標準で板を張るようにしています。直射日光や雨もあたりずらいため、劣化も少ないことから板張りにしています。外から見て木があるのはいいですね。
それとなるべく軒を多めに出します。軒下で雨をしのげますし、雨もあまり外壁に当たらないので雨漏りのリスクも軽減されます。暑さ寒さも屋根が防ぐので内部の環境もいいです。あと何より軒が深いとかっこいいと思います。金額は軒を多めに出すことだかかりますが、いろいろ長所があるので、なるべく軒を出すことは推奨しています。
この日はたまに雨が降る天気でしたので、大工さんが少し苦労していました。

安曇野市豊科 I様邸 ('21.06)
の記事
Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on pinterest
Pinterest