長野県松本市新築木造住宅工務店木族の家|
まじめでオシャレな工務店がつくるちょっとかっこいい「木の家」

安曇野市穂高の新築工事 M様邸 砂利入れ

蓄熱床暖房の砂利を入れました。

奥行きのある家で広いので手押し車(猫車)で何往復も、何十往復もしてたくさんの砂利を入れます。

雑談ですが、猫車の由来はいろいろあって、狭い所でもいけるからという説、「練り子」という材料を運んでいたからという説、裏返しにした姿が猫の丸まっている姿に似ているからという説、運ぶ時ゴロゴロと音がでるからという説などだそうです。

一日かけて入れ終えました。本当にお疲れ様でした。

これからしっかり砂利を乾燥させていきます。

砂利入れ

竣 安曇野市穂高 M様邸 ('14.04)
の記事
Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on pinterest
Pinterest