安曇野市穂高の新築住宅 T様邸 造作工事

造作(床張)工事
大工さんが床板を張っています。
広い部屋の床板張りは集中して張らないとズレが生じます。
ズレが生じないよう途中何回か寸法確認をしています。
板幅が10㎝と狭い為張る枚数も多く、フニッシュ留め打ちの
回数も可也の回数を打ちます。大工さんも大変です。
打つことにより、床鳴りの防止、耐久性の向上に繋がります。

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on pinterest
Pinterest

コメントをどうぞ