塩尻市で木の家で暮らす

塩尻市の地と木の家

木の家で暮らす。ワインの街は塩尻市で木造住宅建築をお考えの方は、地元工務店である人に優しい木族の家の木の家をご検討ください。塩尻市は松本市に比べ冬季は比較的低温になる地域ですが、家の中なら一年中Tシャツのみで素足で暮らせる住宅が実現できます。加えて選べる暖房・冷房設備ですので、お気に入りの設備を選ぶことができます。

塩尻市の地に馴染む住宅とは?

松本平と言われる長野県中信でもそれぞれの地域にて自然環境は微妙に異なります。塩尻市内であってもまた様々ですね。木族の家の家の長野県産材を使用しております。環境にあった木材や施主様にお得な助成金などを活用した家づりを行います。

将来を見据えた家づくり

新築時の家は綺麗でそこで暮らすのは気持ちの良いものです。しかし、一度建てた住宅は何十年も利用しなければなりません。年月を重ねると当然、劣化や古さを感じさせます。しかし、木の家は時間の経過とともにそれなりの味のある家になっていきます。またリフォーム時にも「やっぱり木の家でよかったね」という言葉が発せられる時が来ます。地元工務店の建てた家だから安心して暮らせます。


松本市新築住宅専門工務店木族の家への資料請求