暖房お手本住宅とは

体も心も温まる蓄熱式床暖房

1年を通してTシャツだけで暮らせる信州の家

信州で暮らすなら体も心も温まる24時間全館暖房が最適。木族の家では快適な暖かさとランニングコストの低さを兼ね備えた、蓄熱式床暖房をご提案しております。


素足文化の国なのに足から冷える日本の住宅

素足で暮らす日本人にとって暖かい床が必要です。足が冷えると心臓や頭に血液が集中して危険なうえ、万病のもとになる深部低体温になります。
木族の家では住宅に無垢の床材を使用しますが、そのような自然素材は急激な温度や湿度の変化に弱いのです。エアコンのように空気を暖めたり冷やす空調方式だと反ったり割れたり暴れます。そんな課題を解消できたのが蓄熱式床暖房でした。蓄熱式床暖房は、遠赤外線による輻射暖房の効果で、体の芯からぽかぽかと暖かさが広がっていきます。また住宅全体が「春の陽だまり」のような自然な暖かさで、夜中や明け方に冷え込むこともありません。いつでも快適な温度と湿度を保てるという無垢材の家づくりの特徴を最大限に生かした、あったかエコ民家は多くのみなさまにご好評をいただいております。


お風呂で体を温める日本の家は、世界で一番危険な住宅

WHOのデータによると、日本では1年に3万件もの入浴事故があり、そのうち1万1千人~1万4千人もの方がヒートショックで亡くなられています。
脳卒中死亡率は長野県が一番高いといわれています。特徴的なのは、建物の断熱性能が良く全室暖房の北海道は、暖かい気候の鹿児島より死亡率が低いことです。
お風呂で身体を温めるという日本の家は、世界で一番危険な家といわれていますが、木族の家がご提案する暖房お手本住宅は、24時間どの部屋も心地よい暖かさに包まれています。熱源は床暖房なので小さなお子様にもにも安全。おだやかな暖房はヒートショックがなく、高齢者にもやさしい理想の暖房です。

26℃の家より、室温18℃の家のほうがあたたかいって本当?  →その理由はこちらからどうぞ»

深夜電力蓄熱式床暖房 オンドルエコノ

深夜電力蓄熱式床暖房 オンドルエコノ

古代より利用されている床暖房工法を現代の工法で作り上げた「人と家」にやさしい画期的な床暖房です。割安な深夜電力を利用して60~70℃まで加熱させ、深夜電力時間が終った時から放熱をはじめ、砂利に蓄熱された熱で床表面の温度を25℃前後に持続させる方法で、暖かく快適な住空間を経済的に実現したシステムです。



信州エコの民家

信州のエコ民家もご覧ください。
木族の家は、深夜電力蓄熱式床暖房オンドルエコノ長野県代理店です。


松本市新築住宅専門工務店木族の家への資料請求