松本市梓川の新築住宅 F様邸 造作工事 - 長野県松本市工務店 木族の家

松本市梓川の新築住宅 F様邸 造作工事



大工さんの造作工事

大工さんがドア枠をかんなで加工しているところです。
かんなにより仕上げをすると顔が写るほどの仕上がりです。
かんなとは、木工用の工具の1種で、主として材木の表面をけずって
加工する目的で使われます。
如何に薄くけずれるか競う全国大会があるくらいです。

関連した記事を見る»:  | もっと見てみる»: 現在の工事の様子






長野県 松本市 木族の家

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です